婚活に疲れたHSP婚活を休むべき!メリット3つと休止中の過ごし方

「ずっと婚活してるのになかなかうまくいかない。もう、疲れた。」

そんなふうに悩んでいませんか?

実は、HSPは婚活に疲れたら休むのが正解です。

なぜなら、わたくしテルも婚活を休んだあとに夫と出会うことができたからです。

この記事では、婚活を休むメリットと休んでいる間の過ごし方を紹介します。

この記事を読み終えると、婚活に疲れたあなたも一度休んでからまたがんばろう!という気持ちになれます

HSPが婚活を休むメリット

結婚前の女性の時間はとても貴重です。

テルは子どもがほしいと思いながら30代前半に婚活していたので焦る気持ちがありました。

あなたもテルと同じなら婚活を休むことに不安を感じるかもしれませんが、休むメリットはあります!

疲れをとることで自分らしさを取り戻せる

婚活って初めての場所に行って知らない人たちに会うことの連続ですよね。

しかも、出会いの場が合コンや婚活パーティーなら人が多くてザワザワしていていろんなにおいがする。

婚活アプリを使うにしても、プロフィール登録からお相手検索、メッセージのやり取り・・・と神経を使います。

HSPにとって婚活は疲れやすい要素が満載です(^_^;)


そして、疲れてしまったらHSPは持ち味の細やかさや洞察力の深さが発揮できなくなります。

だから、HSPは疲れてしまったら休むことがすごく大事なんです。

婚活に対してもう一度前向きな気持ちになれる

「もう婚活イヤだ」と思っていても、それは疲れているだけ。

「婚活したくない」と「結婚したくない」はまったくの別物です。

休んで元気を回復することで、自分の「結婚したい」という気持ちを再認識できます。

本音で結婚したくてパワーチャージできていたら、婚活がんばるぞーーーって気持ちが自然に湧いてきますよね。

新しい気づきを得てこれまでと違う視点で婚活に取り組める

一度、婚活を中断して自分を見つめなおすとこれまで気づかなかったことが分かります。

例えば、テルは心の奥底に「まだ結婚したくない」「結婚したら今持っているものを手放さなくてはいけない」という思い込みがあることに気づきました。

でも、そこをよーくよーく突き詰めてみると、現状を変えることを怖がっているだけだと分かりました。

そこでもう一度、結婚したい気持ちを確認し、結婚しても何かを失うわけではないことを自分に言い聞かせました。

そうすることで、結婚の障害となっていた思い込みをなくし新しい視点で婚活に取り組むことができるようになりました。

あなたもきっと新しい気づきを得られるはずです。

HSPが婚活休止中にするべきこと

休むといっても婚活すべてをやめるわけではなく、新しい出会いを求める活動だけを中断するんです。

じゃ、休んでる間なにをしたらいいんでしょう?

婚活を休む期間を前もって決める

まずは休む期間を決めることが大切です。

さっきも言ったように結婚前の女性の時間はとにかく貴重です。

なので、「婚活休止」のはずがついだらだらと休み続け、気づいたら婚活をやめていたΣ(゚д゚lll)

なんてことにならないように、いつまで休むかを決めてください。

テルは6か月間休むことを決めて実際にそうしました。

6か月はかなり長いほうだと思いますが、そのぐらい休まないとやってられないほど疲れ切っていたのです。

自分に合ったペースで婚活していればよかったんですが、HSPなのに週2~3回は出会いの場に出かける生活を2~3年続けていました。

長い休止期間でしたが最初から期限を決めていたおかげで時間を有効に使うことができました

自分の疲れ具合によって、1か月~6か月の期間を設定してみてください。

その期間休んでも婚活に戻る気持ちにならないようなら、1か月単位で期間を延長します。

6か月経っても婚活に戻りたくならない場合は、本当に自分が結婚したいのかよく考え直す必要があるかもしれません。

繰り返しますが婚活休止は期間限定です。

とにかく眠る

休む期間を決めたら、ただただ休んでください。出会い活動にあてていた時間を寝る時間にしてください。

HSPは非HSPよりたくさんの睡眠時間が必要な人が多いですよね。

ぐっすり眠ればたいていの疲れはとれます。

自分をよろこばせる

寝て疲れがとれたら、今度は自分の内面を充実させます。

婚活に時間を割いていたせいで大好きな趣味の時間がとれなくなっていませんか?

ヨガをしたり、大好きな映画を観たり、女友だちとおしゃべりしまくったり。

自分のなかにエネルギーを満たすような活動をしてください。

とにかく自分を楽しませてあげるんです!

自分自身と向き合う

だいぶ元気が出てきたら、今度はちょっと自分自身と向き合う時間を作ってください。

なぜ自分は結婚したいのか、どんな家庭を築きたいのか、どんな人生を生きたいのか、そういうことを深く考えてみましょう。

結婚の障害になっている思い込みやトラウマはないか、本当に結婚したいのか、本当はまだ一人でいたいのではないか。

いろんなことを考えてみましょう。

心理学の本を読んでそこにあるワークをするのもいいですね。

自分に向き合うことで結婚の障害となっているものが見えてきます。

前向きに婚活できる気持ちになったら婚活を再開しよう

ここまでくると、元気いっぱい、前向きな気分になっているはずです。

自分で設定した休止期間が終わって、婚活を再開するエネルギーが充電できていたら出会いの場に戻りましょう。

疲れが取れているうえにこれまでと違う視点を持って婚活に取り組めるはずです。

休んでいる間に内面を充実させることが成功の秘訣

婚活休止中の時間の使い方は次の通りです。

婚活休止期間中にするべきこと4つ
  1. 前もって休止期間を設定する
  2. とにかく休む
  3. 自分をよろこばせる
  4. 自分自身と向き合う

たっぷり眠って 自分を楽しませ内面を振り返ることでまた婚活に戻ろうという気力が湧いてきます。

そして、自分を見つめ直すことで新たに見えてくることがあるはずです。

元気になってまた前向きに婚活に励みましょう。

あなたにぴったりのお相手と巡り会えますように☆