【体験談】HSP主婦がラクになったのは人間関係をリセットしたから!

HSPは感覚が鋭敏なため非HSPに比べてより多くの情報をキャッチしやすく、モノが多いと心が落ち着かなかったり、人間関係も複雑になると疲れやすかったりしますよね。

実は、HSP主婦のテルも人間関係に悩んでいて、関係をリセットしたことですごくラクに生きられるようになりました!

ということで、人間関係で疲れた、関係をスッキリさせてラクに生きたい!そんなあなたへ、テルの体験談を交えながら記事を書きましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

人間関係に疲れて人づき合いを断ち切る「人間関係リセット症候群」とは?

ところで「人間関係リセット症候群」ということばをご存知でしょうか。

テルは最近はじめて知ったのでいろいろ調べてみると、どうやら比較的新しい造語で病名ではないということが分かりました!

月曜日が来るのが憂鬱な「サザエさん症候群」と同じような人の心理状態を表したことばのようです。

では、具体的にはどういうものなのかというと

「人間関係リセット症候群」とは、ある日突然連絡先をブロックしたり、メールアドレスや電話番号を変えたりして、すべての人間関係をシャットアウトしてしまう状態のことをさします。

引用元:マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/190828-4/

ということです。

また、現代ではスマホとSNSの普及で常に誰かとつながっていることが日常となっているため、そのストレスから人間関係を断ち切ってしまうというニュアンスが含まれているようです。

個人的には上に書いてあるような「ある日突然すべての人間関係をシャットアウトする」というやり方は強すぎるような気がします。

この記事ではもう少しソフトな人間関係リセットについて書いていきます。

HSPが人間関係をリセットするメリット

HSPさんは小さなことによく気がつくし、物事を深く処理しますよね。

そのため、人間関係でもその場の空気を敏感に察知したり、言われなくても相手のニーズに気づいて先回りしてそのニーズを満たしてあげたり。

さらには、ついつい自分より相手を優先してしまうという習性から、自分を犠牲にしてしまいます。

こんなことを毎日毎日、職場でも家でも続けていたら疲弊してしまうのは当然です。

そんな日々が続けば最後は爆発してしまいますよね。

テルは限界まで耐えて燃え尽きたり爆発したりするパターンが多いです(^_^;)

もし、あなたもこんな状況にいるなら爆発したり燃え尽きたりする前にリセットしてしまうことをおすすめします。

人間関係をリセットするといろんなメリットがありますよ!

生活が静かになる

人間関係が減ることでスマホに届く通知の数が激減します。

例えば、グループLINE。

PTAの役員などをしていると「ピンポンッ」「ピンポンッ」「ピンポンッ」って騒がしいですよね。

通知オフにしていても気づくとすごい数の未読が・・・

人間関係をリセットすれば通知そのものが減るので静かに生活することができます。

心が平穏になる

そして、人からの連絡が減ると心が平穏になります。

スマホなどのツールはとても便利ですが、四六時中通知が来るとそのたびに通知の内容に心が反応してしまいます。

特に敏感なHSPさんはメッセージが来るたびに「早く返信しなきゃ」「なんて書こう・・・」なんて心がザワザワ。

連絡してくる相手が減れば反応する回数も減るので心穏やかな日々が過ごせるようになりますよ。

自由に使える時間が増える

そして、なんといってもこれ!

人から連絡が回数が減り、気乗りしないランチや飲み会に誘われることも減ることで、自分ひとりの時間が圧倒的に増えます。

これってすごくステキなことだと思いませんか。

自分の時間=自分の人生です。

自分の人生を大切でもない人のために浪費するなんてもったいない!

増えた時間を自分のために大事に使いましょう♪

本当に大事なコト、大事な人に時間が使えるようになる

自由な時間が増えることで、自分にとって本当に大事なことや大事な人のために使うことができるようになります。

スマホに届くメッセージへの返信に忙しく、小さかった子どもに「ちょっと待って!ママ忙しいんだから!」と怒ってしまったことが何回あったことでしょう。

↑テル実話。

どう考えてもママ友からのメールよりわが子の方が大事なはずなのに・・・

人間関係をリセットすることで本当に大切なものが見えてきます。

HSPのわたしが人間関係をリセットした体験談

では、実際にテルがどのように人間関係をリセットしたのか体験談をシェアしますね。

ママ友トラブルがきっかけで自分がHSPだと気づく

プロフィールにも書きましたが、テルは数年前ママ友トラブルで絶不調でした。

ストレスで気分は落ち込み、体調まで悪くなる始末。

そんな状態を何とかしたいと思ってネット検索していて見つけたのがHSP=Highly Sensitive Person=とても敏感な人という概念でした。

HSPについて書かれたサイトを読んで「これ、わたしのことだ!!!」と思いました。

それから本をたくさん読んで「HSPである自分」について知り、受け入れていきました。

ストレスの原因の人間関係を断捨離

それと同時にストレスの素となっていた人間関係から距離を置くことを決意。

体調が悪くなった時点で直接の原因となったサークルを辞めました。

そのほかにもう一つ所属していた会は休会。

子どもの学校でときどき募集されるボランティアにも一切行かないことを決めました。

当時のテルは無給のボランティアをやたらとしてたんですよね・・・

で、燃え尽きちゃったわけです。

なんていうか、自分の善意と時間と労力を搾取されつくしたと感じていました。

頼まれたことをいやいやながら全部引き受けているうちに、そうすることが当たり前、いやもっともっと力を出してほしいと思われていました。

そのころは子どもも小さかったので、周りのママ友との関係も密でした。

学校のボランティアに行かないでいると同じクラスのママ友から「なんで来なかったの?」と言われたり。

いま振り返るとヘンだなぁと思うんですが、当時はお互いがお互いを監視しあってマウントしあっているような関係がいくつも築かれていました。

でも、こうして参加していたボランティアから身を引くことですごく身軽になりました。

引っ越しで人間関係を完全リセット

そうこうしているうちに夫が転勤になり、モヤモヤした人間関係はすべて強制リセットされることになりました。

正直、この引っ越しが決まったときはめちゃくちゃうれしかったです!

一度できた自分に対する「テルさんはこういう人」というイメージを払しょくするのは難しいですからね。

当時、「頼めば引き受けてくれる人」とか「学校に積極的に関わる人」というようなイメージがついてしまってたと思います。

その中で頼みごとを断ったり、学校ボランティアに参加しなくなったりという変化を起こしていくよりは、新しい土地で新しいスタイルで生活していくほうがラクだと思ったのです。

引っ越しと同時に数々のグループLINEからも退会出来て本当にスッキリしました!

新しい人間関係を増やしすぎないように細心の注意を払う

引っ越したあとはママ友を増やさないように細心の注意を払いました。

前に住んでいたところではなぜか「ママ友をつくらなきゃ!」と脅迫観念めいたものを感じていました。

でもよくよく考えたらテルは大勢の人と騒ぐことは好きではないし、学校の情報も本当に必要なら学校に直接問い合わせればいいと思うタイプの人間でした。

新しい土地では自分から人を求めず、静かに自分のしたいことをして過ごしました。

当時まだDlifeが無料放送をしていたので大好きな海外ドラマを観て昼寝をするのが日課でした。

いま思い出してもウットリしてしまうほどのステキな日々・・・(^ω^)

そうこうしているうちに気の合う友だちもできました。

この経験から一緒にいて楽しい人とだけつき合っていけばいいんだということが頭でなく心で理解できるようになりました。

現実的にはどう人間関係をリセットすればいい?

テルのように引っ越しで人間関係をスッキリリセット!という人は少数派かもしれません。

でも、引っ越さなくても人間関係をリセットするチャンスはあるはずです。

たとえば、子どもが進学するタイミング。

子どものつき合うお友だちが変われば自然にママ友のメンバーも変わってくるのではないでしょうか。

それに子どもが大きくなってくると仕事を再開するお母さんも増えてお互いに忙しくなって疎遠になることも。

でも、ご近所や職場にイヤな人がいて離れられないなんて場合はどうしたらいいんでしょう???

その場合、テルは魔法の呪文を唱えることにしています。

今までありがとう、さようなら(@^^)/~~~。

これ、聞いたことがある方も多いと思うんですが、そう、あのこんまりさんのことばを応用しています!!

ときめき片づけで有名な世界のKonMariはモノを捨てるとき

今までありがとう、さようなら。

引用元:『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵著 サンマーク出版

とモノに感謝してお別れすることを提唱しています。

テルはすぐには離れられないけどご縁を切りたい相手のことを思い浮かべてこのことばを唱えます。

現実的じゃなくてピンとこない方もいるとは思いますが、不思議なことにこれを続けていると相手から離れていってくれることが多いのです!

テルの場合は、相手が忙しくなって連絡が来なくなったり、相手が引っ越して行ったりしました。

自分はなにもしなくても相手が勝手に消えてくれる。最高ですよね!

もちろん、信じてもらわなくてもかまわないのですが、この呪文を唱えたからといって損することはないので興味を持ったら試してみてくださいね。

HSPは人間関係をリセットしたあとリバウンドしないように注意!

ダイエットでも断捨離でもそうですが、いったん成功したあとのリバウンドがいちばんコワイ

人間関係をリセットすることを何度も何度も繰り返すよりは、居心地のいい人間関係を続けていけるほうがラクですよね。

いったん人間関係をリセットしたあとは、自分にとって大事なことはなんなのか、だれと一緒に過ごすのが幸せなのかじっくり考えてください。

相手の気持ちがよく分かるというのはHSPさんのすばらしい長所です。

でも相手のニーズをいつもいつも満たしてあげる必要はないのです。

それに、そのニーズを満たしてあげるのはあなたである必要はまったくありません!

そのことを心に留めて、リセット後に新たないらない人間関係を増やさないように注意してくださいね。

いらない人間関係をリセットして自分らしくラクに生きよう

自分にとっていらない人間関係をリセットすれば、自分を大事にする時間ができます。

その時間を使って自分にとってなにが大事なのかを考えれば自分のことを大切にできるようになるはずです。

気遣い屋のHSPさんなら大丈夫だと思いますがリセットするときはできるだけ穏便に。

そしてリバウンドに気をつけて、自分らしいラクな毎日を手に入れてくださいね。

人生リセットドラマHSPに見てほしい!『凪のお暇』は主人公と一緒に成長できる!