HSPは結婚に向いていないって本当?結婚11年のHSP主婦が解説

HSPは結婚に向いていない、結婚できないって話聞いたことありませんか?

ネットで「HSP 結婚」と検索すると「向いてない」とか「できない」ってわんさか出てきてびっくりしました。

内向型HSPのわたくしテルは結婚できたし、11年たった今も婚姻関係継続中です。

この記事では、自分は結婚できないんじゃないか、向いていないんじゃないかと不安を感じているHSPさんに、HSPも結婚できるよってお話をお届けします。

HSPは実は結婚向きだと思う理由

HSPは結婚に向いていないと言われてがちですが、テルはそうは思いません。

なぜならHSPは結婚に向いていない人の特徴に当てはまりにくいと思うからです。

そもそも結婚とは次のようなものです。

まずは言葉の定義から。

【結婚】男女が夫婦となること→婚姻

【婚姻】一対の男女の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子供が嫡出子として認められる関係。

民法上は、戸籍法に従って届け出た場合に成立する。

引用元:広辞苑

「婚姻の届け出をすることでお互いに愛情を持つ男女が社会的経済的に結ばれる」という感じでしょうか。

続いて、民法の定めについて。

民法第750条 夫婦同氏

民法第752条 同居・協力・扶助義務

民法第760条 婚姻費用の分担

民法第761条 日常の家事に関する債務の連帯責任

民法770条1項 貞操義務
※不貞行為を離婚事由としている

民法第820条 親権の効力 監護及び教育の権利義務

引用元:
シェアしたくなる法律相談所 https://lmedia.jp/
離婚ハンドブック https://rikonhandbook.com/

      テルは法律についてまったくの素人ですが「結婚に向いているかどうか」という観点から関係ありそうな民法を拾ってみました。

      ここでは一般的な男女の婚姻関係についてみていきますが、同性婚や事実婚についても「向いているかどうか」という点においては同じように考えることができると思います。

      HSPは結婚に向いていない人の特徴に当てはまらない

      上の「結婚」という言葉の定義や民法の定めから、結婚に向いていない人の特徴は以下のようなものだと考えられます。

      婚姻の届け出をしたくない人/相手と同じ姓を名乗りたくない人

      今の日本では婚姻の届け出を出す=結婚なので、届け出を出したくない人は結婚に向いていないということになります。

      また、同じく現段階では結婚すると夫か妻どちらかの姓を選んで同じ姓を名乗らなくてはならないので、夫婦別姓希望の人は事実婚を選ぶことになります。

      人と一緒に暮らしたくない人

      ひとりの時間が大切でだれにも邪魔されたくない!

      人と一緒に暮らすのは気を遣うのでムリ!

      そんなタイプは結婚には向いていないですよね。

      相手と協力したり助け合ったりできない人

      結婚生活はお互いに協力し助け合うことで成り立ちます。

      例えば、相手が病気でもお世話をしない人、身体的または心理的な暴力を振るう人は結婚に向いているとはとてもいえません。

      収入を独り占めしたい人

      自分の稼いだお金は全部自分で使いたい!と家にお金を入れない人、借金を繰り返す人、あるいは相手の稼いだお金を浪費する人。

      こういう人も結婚しないほうがいいです。

      家事をまったくしたくない人

      家事も夫婦で協力して行わなくてはなりません。

      例えば、相手が病気であろうがなんであろうが自分は一切家事はいたしません!という人は結婚しないのがお相手のためです。

      浮気する人

      浮気する人、したい人は独身生活を満喫してください。

      子どもの世話をしたくない人

      子どもを育てるために必要な費用は夫婦が協力して負担しなければなりませんし、日常のお世話もそうです。

      子どもを持たない選択をすれば別ですが、子どもを持つつもりはあるけれど面倒はみたくないという人は結婚はやめておいたほうがいいでしょう。

      HSPかどうかに関わらず、上に挙げた特徴に当てはまる人は結婚しないほうがお互いのためですね。


      良心的でまじめだといわれているHSPさんは、上の特徴にはあまり当てはまらないのではないでしょうか。

      むしろ、配偶者と協力して家庭を築いていくことに向いていそうなのでHSPは結婚向きだと思います!

      HSPが結婚に向いていないとか結婚できないといわれている理由

      結婚に向いていそうなHSPがなぜ「結婚に向いていない」といわれるのでしょうか。

      上の項目の中で唯一HSPに当てはまりそうなのが「人と一緒に暮らしたくない人」

      HSPは刺激に弱く疲れやすいため人より多くひとり時間が必要です。

      そう考えると、確かにだれかと一緒に暮らすことに対するハードルが高そうです。

      それに大勢の人と一緒にいるとすぐに疲れてしまうため、出会いの場へ出かける機会も少ないことから出会いがなく「結婚できない」といわれているのではないでしょうか。

      HSPに向いている婚活方法はこちら!
      HSPの婚活に向いているおすすめの出会いの場を実体験から紹介!

      HSPの結婚に向いている特徴

      結婚に向いてないとかできないとかいわれているHSPですが、実は結婚向きの特徴を持っています!

      良心的・まじめ

      良心的でまじめなHSPさんは、家庭の経済面でも家事面でも夫婦で協力し合って生活していこうとするはずです。

      また、相手に暴力を振るったり、借金をしまくったり、浮気したりということもないでしょう。

      HSPさんのような良識ある人と結婚すれば穏やかな毎日を送れそうですよね。

      相手の気持ちを察することができる

      HSPさんは相手の気持ちを察することができるので、それに合った対応も得意です。

      例えば、テルは夫が不機嫌なときは夫が帰ってくる前に寝てしまうなど一緒にいる時間を極力減らすようにしています(笑)。

      また機嫌がいいときを狙って、日ごろの不満を伝えるとかお願い事をするとかもしてますよー。

      細かいことによく気がつく

      これは特に家事や子育てに役立つ特徴です!

      部屋の汚れ、支払いや学校への提出物の締め切り、買い置きの品物の数、家族の体調の異変・・・などなどHSPさんはいろんなことによく気がつきます。

      これはホントに家の中で役に立つ能力で、このおかげで汚れが落ちなくなるまで放置とかクレジットカードの引き落とし日に銀行にお金が入っていないなんてことは避けられます。

      HSPの結婚に向いていない特徴

      一方で、確かに結婚向きでない特徴も・・・

      想像力が豊かすぎる

      これはわが家で一時期よく夫婦げんかの原因になっていました。

      テルが料理をしていると夫が台所に入ってきてじーっと見るんです。

      HSPさんは見られていると緊張して実力が発揮できないといいますが、テルは監視されているように感じていました。

      夫に監視されている→夫は料理の手順や味つけに不満があるのだろうと想像が膨らんでしまったわけです。

      でも、実際はそういう訳ではなく、食べるのが大好きな夫は「お腹空いたなー」「おいしそうだなー」「早く食べたいな」と思って見ていただけでした。

      こういうふうに勝手に想像を膨らませて間違った思い込みで腹を立ててケンカをしてしまうことがよくありました。

      夫からは「言葉通りの意味しかないから深読みしないでほしい」と何度か言われました。

      相手の気持ちを気遣いすぎる

      HSPさんは相手の気持ちが分かりすぎるばかりに自分を後回しにしてしまうということが起こりがちです。

      特に子どもが小さいときはHSPでなくても子どもを最優先にせざるを得ません。

      子どもを優先し、夫を優先する生活を何年も続けているうちに自分がすり減り自分がなにが好きかも分からなくなってしまう・・・

      テルもそういう状態に陥ったことがあります。

      HSPさんは特に気をつけて自分を優先する時間を確保する必要があります。

      刺激に弱い

      結婚したばかりのころ、起きてから寝るまでずっとテレビをつけっぱなしをする夫に驚きました。

      耳が敏感なテルはずーーーっと音がしているという状況がすごくストレスでした。

      ほかにも部屋の明るさ、使う洗剤の香りなども問題になるかもしれませんね。

      結婚できるかどうか、向いているかどうかは本人とお相手次第

      結局のところ、結婚できるかどうか、結婚に向いているかどうかは自分とお相手次第です。

      HSPであってもなくても出会いの場に出ていけなかったり、好きな人がいても積極的に動けなかったりすれば、結婚までの道のりは長くなります。

      それに、HSPでなくても結婚に向いていない人はたくさんいます。

      むしろ、まじめなHSPさんは結婚向きです。

      あなたに結婚したいという気持ちがあり、HSPであるあなたをそのまま受け入れてくれるお相手がいれば、HSPも結婚できます!

      あなたを受け入れてくれるお相手に正直に自分の特性を伝えることで結婚生活はハッピーなものになりますよ。

      HSPの婚活に向いているおすすめの出会いの場を実体験から紹介!


      参考:

      Pridal Times https://pridal.jp/

      シェアしたくなる法律相談所 https://lmedia.jp/

      離婚ハンドブック https://rikonhandbook.com/